スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
平松愛理
「部屋とYシャツと私」。

あぁ、あのコがカラオケでよく歌ってたよな〜なんて感慨にふける人もいることだろう。
(そんなことない?)

幸せに満ちていそうなこの歌が、死にそうな痛みに悶え苦しんだ末の絶望の中で作られたことをご存知だろうか。
先日、「ゲキツー!!」という本を読んだ。
読んだだけで痛かった。

自分が生まれてこの世に生きていることの意味を考えさせられた。
ちょっとやそっと悩み苦しみなんて、彼女の苦しみに比べたら全然たいしたこと無いじゃんと思ってしまった。
自分が生きてきたことを何としてでも刻み付けたい、という想いが伝わってきた。

さあ、自分はこの先、どんな人生を歩んでいくのだろう。
悔いなく生きたい。楽しみだよね。
| ないと | 00:56 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 00:56 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback
乳がんが発見されて休養していた平松愛理さんが、このたび病気を克服されてライブを実施されたそうです。 ライブでは「YOU ARE MINE」「部屋とYシャツと私2004」などを熱唱して、集まったファンの人たちに感謝の意をささげたとのことです。
ネクターと芸能と夜明けのレモン・コーヒー | at: 2004/04/28 4:43 PM

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode